N95マスクを卸せます

取扱中止中
アメリカ合衆国及び各国のコロナウイルスによる状況が深刻化しており、海外の医療資源の取り合いをすべきではなく、さらには、アメリカ合衆国内のマスクは輸出禁止になることが予想されるため、当面の間、マスク輸入を中止しています。ご了承ください。

N95マスクをご存知でしょうか。

現在、国内では品薄状態が続いており、また、購入できるチャンスがあっても1枚あたり1,000円程度と高値で取引されています。

今回、マスクの転売が規制されたものの、N95マスクはもともと市場にあまり出回っておらず、手に入れるのは引き続き困難だと予想されます。

今回、N95マスクを転売目的や高値売買を目的とせず、正規の値段の範囲で取引できる工場があります。

米国製(アメリカの工場で製造)。

中国製やアジア製のものは1枚あたり4ドル程度で取引されておりますが、米国製は少し値段が上がり1枚あたり7ドル程度(手数料、送料込み)となります。

転売は禁止とさせていただきたいので、本当に必要な場所・人に向けた取引とさせていただくことで工場側のご厚意なので、ロット数は50万枚で1ロットとします。
※追記※
 50万枚〜、1枚7ドルのものは在庫が無くなりました。
 ロット数が少ない(1万3千枚〜)ものが、1枚あたり6ドル50セントとのことです。(通常のサージカルマスクでは無く、N95マスクです)。

医療機関などでの使用に適したマスクですから、一般使用には向きません。また、適正価格・正規輸入のため、必要な機関への紹介を目的としていますため、転売目的での仕入れはご遠慮願います。

本ホームページ のコンタクトフォームよりお問合せください。

尚、工場で日々製造をしているため在庫は十分にありますが、日々必要な場所・方々へ卸しているため在庫状況によっては品薄となり、卸せない場合がありますので、ご了承ください。

3/25追記

アメリカの工場で製造されたマスクですが、現在アメリカではマスク販売に関わる価格規制が行われています。
通常価格から10%以上の上乗せが禁止されます。
こちらで紹介しているマスクは、もともと金額上乗せしておりませんが、工場側の売値が少し上乗せされている金額でした。

しかしながら、上記の規制から、工場側の売値が少し下がりました。

アメリカ製 1枚$5.50
アメリカ製 1枚$4.50
2枚目の写真と同じもの

両種類とも、5万枚からです。
なお、値段は工場側が提示している金額になるため、手数料と関税が上乗せされます。
工場側の言い値が、今後下がる可能性があります。(金額上乗せが禁止されているため)
こちらとしては、もちろん金額上乗せはしないので、工場側の言い値+関税+手数料のみを計算に盛り込ませていただくことになります。

N95マスクの性能

そもそも、N95マスクは普通のサージカルマスクと何が違うのか。

医療従事者は血液媒介感染症の他にも業務上、常に結核やインフルエンザ・SARS・コロナウイルス等の新興再興感染症等に罹患するリスクと闘っていると考えられます。こうした感染リスクに対応するためにも、N95マスクの常備は重要と思われます。

CDCガイドライン(CDC,2005)の中で、感染性結核の疑いがある患者や確定した患者が隔離されている病室に入室する際は、N95マスクなどの呼吸器防護具の使用が必要であると示されています。

N95企画とは、アメリカ合衆国NIOSH(National Institute of Occupational Safety and Health)が定めた9種類の基準の中で最も低いもので、「N」は耐油性が無いことを表し(Not resistant to oil)、「95」は試験粒子を95%以上補集できることを表している。

NI OS規格で用いる試験粒子は、フィルターで最も捕集しづらい、つまりフィルターを通過しやすいサイズの粒子状物質で、空力学的質量径でおおよそ0.3μmの粒子であり、この粒子径で95%以上捕集できなければならない。尚、N規格の試験粒子は、塩化ナトリウム(NaCl)、DOPが用いられる。試験粒子は、ろ材のタイプにより選択される。

ウィキペディアより

N95の使用はかなりのストレスになる

N95マスクを使用した事がある人はご存知かと思われますが、このマスクはかなり機密性が高く、使用時に少しの息苦しさを感じる方が多いです。

そのため、平時(生活の中)の使用には向かず、医療用もしくは感染の可能性が非常に高い場面での使用に限るのが無難です。

手術用のサージカルマスクとは違い、かなり厚手で呼吸用保護具の別名を持つほどの感染予防効果が期待されている。

PM2.5やそれら有害物質を含むヘイズにも有効であるとの見解もあります。


よかったらフォローお願いします♪