高収入っていくらから?

The perfect Salary for Happiness:

幸福を最も感じられる年収は?

 こんなに難しい質問はありません。
しかし、THE WALL STREET JOURNALレポートによると、アメリカにて45万人を対象に行われたアンケートによってこの質問の答えを割り出しています。
 その答えは・・・

$75,000

 アンケートの結果によると、$75,000(1$108円計算で、約800万円)が最も幸福を感じられる年収だそうです。いい線いってますよね。

 また、今回のこのアンケートを細かく分析した結果、「年収=幸福度」ではないことも判明しています。ノーベル賞を受賞した心理学者のダニエル・カーネマンらの調査でも、幸福を感じられる年収は同じでした。

 どうやら人々の幸福度は年収が上がれば上がるほど比例して上がっていくのだそうですが、そのほぼMAXが$75,000、それ以上の年収では上がっていくことはほとんど無いんだそうです。

 この表はカーネマン氏の研究の中に含まれている表になるんですが、要約しますと、「年収が増すごとに人生の満足度はUP」しかし「毎日の楽しさについては$75,000あたりで頭打ち」といった感じです。

 どうやら、この$75,000という金額が仕事のストレスや仕事につぎ込む時間の長さ稼いだお金で買える物や体験が相殺しあう閾値(しきい値)となるようですね。

 

ただし、仕事に打ち込んで年収1000万を稼ぐようになっても年収630万円の人より幸福になれないのなら、仕事を頑張る意味がないというのは違います。あくまで「日々感じる生活に対する満足感や幸福感」の話であって、自分の人生全体を自己評価したときには、例えば年収10万ドルの人は年収7万5000ドルの人より自己評価が高く、年収20万ドルの人は年収10万ドルの人よりさらに「人生に満足している」と答えるそうです。

 あくまでも、幸福という言葉は広い意味を持つことを忘れてはなりません。

また、人それぞれ「幸福」のディフィニッションは違うということも覚えておきましょう。

 また、病気や離婚などのマイナスな出来事の心理的影響については、所得が低い人の方が高所得者と比べて受けるダメージが大きく、逆に週末のレジャーなどの気分転換やご褒美などから元気付けられるポイントも低所得者の方が高所得者よりも大きいとの事実が明らかになったようです。

 あらゆる場面で貧しい者にとって人生は厳しいということだと、研究は語っています。


よかったらフォローお願いします♪