【空気清浄】次亜塩素酸水対応加湿器

コロナウイルス関連で緊急事態宣言が発せられました。

そこで、コロナウイルスに限らず自宅でできるウイルス対策を紹介したいと思います。

まず、アルコールが消毒・除菌に効果的なのはご存知の通りだと思います。

しかし、次亜塩素酸水が効果的だというのはご存知でしたか?

次亜塩素酸水について

消毒には、消毒用アルコールと0.1%次亜塩素酸ナトリウムの使用が薦められていますが、それらに優るとも劣らぬ殺菌活性を持ち、人体や環境に対する安全性が極めて高い次亜塩素酸水(NaClや塩酸を電気分解して生成するもの)の活用は感染防御のため大いに役立つと判断・期待されます。
機能水研究復興財団より

次亜塩素酸水は、各種の病原最近やウイルスに対して高い殺菌活性や不活化活性を示します。それらの活性は、消毒用アルコール(70%)より高く、0.1%次亜塩素酸ナトリウムと同等性があります。一般的に消毒薬に対して、インフルエンザウイルスのようにエンベロープを持つものは弱く(抵抗性が低い)、ノロウイルスのようにエンベロープを持たないものは強い(抵抗性が高い)ことが知られています。
新型コロナウイルスを含めてコロナウイルスは、インフルエンザウイルスと同じくエンベロープを持つ粒子構造を持っています。したがって、次亜塩素酸水は新型コロナウイルスに対しても有効性を示すと推察できます。なお、新型コロナウイルスを対象にした不活化試験は消毒用アルコールでも0.1%次亜塩素酸ナトリウムでも行われていないと思われます。
現在、新型コロナウイルス感染症だけに注目が集まっていますが、実際にはインフルエンザの方がはるかに流行しています。その病原体も色々なところに存在します。これらの状況を踏まえると、人体に対しても環境に対しても安全性が高く、広範な最近やウイルスに有効性を持つ次亜塩素酸水は、器具や環境の消毒・殺菌に使用することは最も適していると言えます。また、手荒れがしないことからも次亜塩素酸水による流水手洗いは望ましい効果を期待できます。

一般財団法人機能水研究復興財団「新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の有効性について」より抜粋
エンベロープとは

ウイルスには、エンベロープウイルスノンエンベロープウイルスの2つの種類が存在します。
ウイルス核の周りに、エンベロープと言う膜のようなもの(脂肪・糖タンパク・タンパク質などで生成)で覆われているものがエンベロープウイルスです。
インフルエンザ、RSウイルス、風疹、麻疹、B型肝炎、C型肝炎、クループ、コロナウイルスなどがエンベロープを持つウイルスです。

エンベロープウイルスは膜で覆われている一方、ノンエンベロープウイルスは膜に覆われていないので、一見、ノンエンベロープウイルスの方が弱そうに感じますが、膜が無くても生きていかれる強靭な生命力を持っているのがノンエンベロープウイルスなので、ノンエンベロープウイルスの方が少し手強い敵になります。

一方で、エンベロープウイルスは膜で覆われていますが、この膜を破壊してしまえば中身は弱いのですく死んでしまいます。

このエンベロープ(膜)は、アルコールで破壊できます

アルコール消毒の有効性が示されているのはこれによるものです。

コロナウイルスはインフルエンザウイルスと構造が似ている

既出の一般財団法人機能水研究復興財団「新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の有効性について」PDFファイルにとてもわかりやすい図解がありましたので抜粋してご紹介します。

一般財団法人機能水研究復興財団「新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の有効性について」より引用

さらに、消毒液の有効性についての図もありましたので同じく引用させていただきます。

一般財団法人機能水研究復興財団「新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の有効性について」より引用

その他、さまざまな分野のウェブサイトを巡回して確認しましたが、やはり同じような記述が多く見受けられました。

と言うことは、インフルエンザと同じように、コロナウイルスも予防ができる可能性があると言うことです。

アルコール消毒はもちろんのこと、次亜塩素酸水も有効である可能性が高いのでは無いでしょうか。

次亜塩素酸水と加湿器で空間除菌

乾燥や風邪の予防のためにご自宅で加湿器を使っている方は多いと思います。

加湿器で湿度を一定に保つことや空気清浄、さらには次亜塩素酸水を混ぜ込んだ水を使って空間除菌ができたとしたら、ご自宅のウイルス対策に効果的ではないでしょうか。

まだお持ちでない方は、次亜塩素酸水対応の加湿器をご紹介します。


こちらは5,000円以内で手に入れられるのに、10畳に対応し、さらに静音設計、ミスト量の調節機能などとても使いやすいものになっています。

水の注ぎ口も、上から注ぐタイプなので、ラクラク給水が可能です。

しかも、超音波式なので吹き出し口も熱くならず、火傷の心配もありません。

とてもシンプルなのでリビングや寝室、職場など様々なシチュエーションで使用可能なのも魅力です。

しかしながら、コロナウイルスの影響で注文が殺到しており、現在納期未定で、注文後3〜4ヶ月後の納入になることがあるそうで、すぐには届きません。

みなさんすでに、それだけ対応を進めていると言うことなんですね。

予算に余裕のある方や、ご自宅や職場でメインで使いたい空気清浄機をお探しの方は、ダントツでオススメなのはこちらです。


浮遊菌だけでなく、付着菌や付着ウイルスへの対策もできるジアイーノ

空気中の菌やウイルスはもちろんのこと、カーテンやソファ、ドアノブ、家具などについたウイルスまでにも効果を発揮するのがパナソニックのジアイーノです。

効率的に次亜塩素酸を空間に放出するので、お部屋中の除菌・抗菌が可能になります。

さらに、次亜塩素酸は脱臭効果もありますので、ペットの匂いや介護環境の匂いなどの軽減にも役立つ非常に優れたものです。

※製品ページはこちら

小さなお子様や介護をしているご家庭では、ぜひ導入したいですよね。

次亜塩素酸水も通販で購入可能

さて、実際に加湿器を使用していると、次亜塩素酸水を消費してしまいます。

ですが、次亜塩素酸水も通販で購入可能なので、重いものをわざわざお店からご自宅に運ぶ必要もなく、ご自宅まで届けてくれます。

ジアイーノは、タブレットを入れるのですが、他の加湿器だと次亜塩素酸水を直接希釈して入れるタイプになると思います。



2020年6月13日 追記

コロナ渦で散々話題になった次亜塩素酸水など除菌関係ですが、話題に上った分だけみなさんの好奇心が増え、有名な教授や教育機関、研究機関なども様々な見解を公表するようになりました。

その中で、「次亜塩素酸水は体に有害」や「次亜塩素酸水はコロナへの有効性は乏しい」などとマイナスなイメージの意見も見かけるようになりました。

正直なところ、研究が十分に進んでいないため、一概には言えないと言うのが現状です。

本記事で紹介している内容も、科学的根拠を示す研究は多く存在していますが、打ち消しの研究も同じだけあるのが実情です。

例えば次亜塩素酸がウイルスに有効だったとしても、空気中で浮遊しているウイルスと有効成分がぶつかってウイルスを死滅させる確率が非常に低いと考えると、やはり空気中に有効成分を噴霧して空間除菌を謳うには軽率だと言う意見もあります。

今回の記事も、1つの考え方として捉えていただければ幸いです。


よかったらフォローお願いします♪